眠りの師匠、猫様を見習おう!睡眠の重要性。

スポンサーリンク
噛む猫猫と健全に付き合う方法

寝ている猫
最近ミルアくんは、寝ている時イビキをかきます。
そんな、おっさんの一面を持つミルアくんですが気持ち良さそうにグッスリ寝ている姿はとても癒され、私の疲れは遥か彼方へ飛んで行きます。

猫は「寝子(ネコ)」が語源という説があるほどよく寝る動物で、1日の睡眠時間は12~16時間と言われています。

皆さんはちゃんと眠れていますか?私たち人間にとっても睡眠はとても重要で、質の良い睡眠には記憶の整理免疫力向上アンチエイジングストレスに強くなるなどメリットが満載です。

スポンサーリンク

【睡眠は重要】7時間以上は睡眠時間を確保しましょう

まず、睡眠不足の悪影響についてお話していきます。人は睡眠時間が7時間を下回ると、集中力・記憶力・免疫力の低下、孤独を感じやすい、うつ状態になりやすい、自制心の低下、自律神経が乱れる、ストレスに弱くなる、肥満が増長など様々な悪影響を及ぼします。

更に、6時間睡眠を2週間続けると事実上、脳は酩酊状態になる、つまり酔っ払いと同じ状態になります。酔っ払いの状態では仕事のパフォーマンスも上がりませんよね。睡眠不足は仕事の大敵です。

睡眠不足は人間関係にも悪影響を及ぼす

また、睡眠不足でイライラした状態では人間関係にも悪影響を及ぼします。
私たち人間にとって「眠る」ことは、良い人生を送るためにとても重要なことなのです。

最低7時間は眠るように心がけましょう

寝る前にやってはいけないこと

しっかり眠りたいと思っていても、寝つきが悪い夜中に目が覚めてしまうなどの悩みを抱えている方も多くいらっしゃると思います。

では、質の良い睡眠をとるためにはどうすれば良いのか。
睡眠を妨げる、寝る前にやってはいけないことをいくつかご紹介します。

ブルーライト

寝る前にスマホやパソコンでブルーライトの刺激を受けることは睡眠の質を低下させます。

寝る前に目からブルーライトが入ると、体内時計のリズムが乱れ「睡眠ホルモン」とも呼ばれるメラトニンの分泌が抑えられます。そのため、途中で目が覚めたり、寝つきが悪くなります。

寝る前に食事をする

寝る前に食事をすると、寝ている間に消化管が活動するためぐっすり眠ることができません。
食事をして消化が落ち着くまでは3時間程度かかるため、夕食は寝る3時間前までに済ませるのが理想的
仕事などでどうしても夕食が遅くなってしまう場合は、なるべく消化に良いものを食べるようにしましょう。

カフェインの影響

覚醒、興奮の作用があるカフェインにも気を付ける必要があります。
カフェインの効果は4時間程度持続すると言われていて、約8時間は体に残っているとのことです。
カフェインは脳を覚醒させる作用があるため、寝るときには体に残っていないようにすることが大切。
コーヒーを飲む習慣がある方は、昼食後の1杯で終わりにした方が良さそうですね。

質の良い睡眠をとるために

次に、質の良い睡眠をとるためにやるべきことをご紹介します。

深呼吸

不安なことがあって寝付けない人にオススメなのは「深呼吸」。
ゆっくり深呼吸することによって、「休息の神経」とも呼ばれる副交感神経に切り替わり、寝付きを良くしてくれます。深呼吸は最強のリラックス法と言えますね。

読書

寝る前の読書は精神を安定させる効果があり、睡眠を深めてくれます
なかなか寝付けず、読書をしたら眠たくなったという経験がある方も多いのではないでしょうか。
読書と睡眠の関係についての研究もあり、2009年にサセックス大学で行われた研究によると、寝る前の読書で不安やストレスを取り除く効果があることもわかっているそうですよ。

寝る90分前にお風呂に入る

お風呂に入る時間も睡眠に影響があります。
お風呂に入ると深部体温(筋肉や臓器など体の内側の体温)が上がります。人が深い眠りにつけるのはこの深部体温が下がった時であり、深部体温が下がるまでには90分程かかるといわれています。
そのため、睡眠の質を上げるためには寝る90分前にはお風呂を済ませておく必要があります。また、お風呂の温度は高すぎると交感神経優位となりリラックスできないため、40度位が良いとされています。

最後に

今回は、睡眠不足=酔っ払い状態寝る前にやってはいけないこと質の良い睡眠をとるためにについてご紹介しました。日々の生活でストレスをためない為にも、睡眠の手助けとなる習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

昼寝する猫
私は寝ているミルアくんを見ていると、癒されて自然と眠れちゃいます

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログへ
いつもありがとうございます。

コメント