猛暑が続くと猫の体調にも変化が!?猫にも暑さ対策が必要な理由!

スポンサーリンク
見つめる猫猫との生活

最近は猛暑が続いているので「暑さに強い」と言われている猫にも体調に変化がある事があります。熱中症や脱水症状などで、食欲が低下してしまったり、呼吸が早くなって移動するのが苦しそうになったりします。

飼い主がしっかりと愛猫への暑さ対策をしてあげるのが重要です。

暑くて下を見ている猫

スポンサーリンク

猫の体調が暑さで変化してしまう理由

猫の祖先は砂漠地帯に住んでいました

元々、猫の祖先は海外のとても暑い地方で生活していたので、基本的には暑さに対してかなり強いです。しかし、温度が30度℃を超えた辺りから、猫も暑さによってストレスを感じてしまいます

そこから食欲不振や消化不良になってしまう猫がいます。猫は人間のように発汗して自分の体温を下げることがほぼ出来ないのです。

猫が汗をかく事が出来るのは、足の裏の部分と鼻になるので、体温調節が人間に比べて難しいのです。

室内での猫の暑さ対策

外出の際はエアコンや遮光カーテンが効果的

室内の温度管理は十分に気を使いましょう。真夏は外出していると、室内の温度はどんどん上昇してしまいます。仕事に出かける時や外出する際にはエアコンで室内の気温の管理をします。

猫が心地良いと感じる気温は28度℃程度なので適温に保ってあげるのが最適になります。ただし、エアコンを使いっぱなしの部屋に閉じ込めてしまうと、愛猫が寒いと感じた時に部屋を移動が出来ないので、ドアは移動用に少し開けておきましょう。

エアコンが無い場合は押し入れを少し開けて、日陰に猫が避難を出来る様にしてあげるなど、猫が涼しい場所に移動できるように環境を整えましょう。カーテンを閉めて直射日光を防ぐのも効果的です。

市販品のジェルタイプのクールクッションや、ペット用の大理石ベットなどを使用するともっと良いです。現在は色々な素材を使ったペット商品が販売されているので愛猫に相性が良い商品を探しましょう。

猫の水分補給も忘れ無い

自動給水機とウェットフードがおすすめ

猫の水分摂取にも、心配りをする必要があります。猫は自力で多くの水分を摂取する事が出来ません。猫用の自動給水機等を駆使して新鮮な飲み水を切らさないようにしてあげる工夫も必要です。

与える水の温度は常温が良いとされています。

また、ご飯もいつも与えているお食事がドライフードで、イマイチ食べないと感じたらウェットフードを与えてみてください。急に主食を変えてしまうと猫が食べない事もあるので、猫が好きなおやつで与えてあげても効果はあります。

ウェットフードは水分も多く含んでいるので、食事と一緒に水分も補給することが出来ます。

暑さ対策をして夏バテを乗り切ろう

夏の暑い日々が続いていると、なかなか愛猫は熱を逃がすのが難しいです。「エアコンを使用して気温を適温に保つ」「ペット用品を使ってクールスペースを作る。または自由に日陰に移動するスペースを確保する」。

愛猫のご飯と水分補給に気を配る。」等々、猫の為に飼い主が対策出来る事は沢山あります。大好きなあなたの家族の為に時間を使ってあげて下さい。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログへ
いつもありがとうございます。

コメント