猫とのコミュニケーションと体調管理に必須 ブラッシングは重要です

スポンサーリンク
窓の外を見る猫猫と健全に付き合う方法

愛猫とコミュニケーションと体調管理に欠かせないブラッシングですが、皆さん定期的に実施しているでしょうか?大人しくブラッシングさせてくれない愛猫ちゃんも居ると思います。

今回の記事では、愛猫への正しいブラッシングの方法を紹介していきたいと思います。愛猫ちゃんの体と心を安定させて良好な関係を築いていきましょう。

耳が可愛い猫

スポンサーリンク

ブラッシングの効果

毛並みの整理と毛球症予防

愛猫と生活していると、猫ちゃんの抜け毛が衣服やお部屋に散乱してしまうことが多いです。定期的にブラッシングして上げることで、愛猫の抜け毛を一気に取ってあげる事が出来ます。掃除もまとめて出来るので簡単ですね。

また、愛猫の抜け毛が多いと自分の体をグルーミングした際に、そのままお腹に毛玉が溜まってしまいます。毛が多くお腹に溜まってしまうと、毛玉になり嘔吐や体調不良の原因となります。

健康管理の面でもブラッシングは重要です。

猫とのスキンシップとストレス解消

適度なブラッシングをすることで、愛猫とのスキンシップの時間を増やすことになります。愛猫と触れ合う時間が増えれば、ダニであったり皮膚の病気など、愛猫の変化に気が付いてあげる事が出来ます。

また猫はストレスを多く感じると、キレイ好きなのでグルーミングの回数が増えてします。飼い主が優しくブラッシングしてあげることで愛猫のストレス解消にもつながります。

血行促進の効果がある

ブラッシングには血行促進の効果があるとされています。体を巡る血液の流れが促進すれば、体の老廃物が体外に効率的に排出されます。愛猫の新陳代謝を促進させてあげましょう。

正しいブラッシングの方法と時期

まずお掃除が簡単な場所で始める

ブラッシングをしていると、どうしてもお部屋に愛猫の毛が散乱してしまいます。掃除が大変な寝室などは極力避けるのが良いでしょう。掃除が簡単にできる状況を整えてからブラッシングを実施しましょう。

優しく短い時間でブラッシング

優しく抱っこしたり愛猫が好きな部分をマッサージして、愛猫をリラックスさせてブラッシングをしましょう。ブラッシングが苦手な猫もいます。無理に押さえつけての長時間のブラッシングは避けるべきです。

拘束時間が長くなると愛猫が「ブラッシングは嫌な行為」と覚えてしまうため、ブラッシングを嫌いになってしまう可能性があります。目安は3分程度で手際よく実施しましょう。

猫の換毛期

猫には毛が生え変わる換毛期があります。お住いの地域によって若干の誤差は発生しますが、換毛期は気温が寒くなる11月頃と逆に気温が温かくなる3月頃にやってきます。

その時期は普段よりもブラッシングの回数を増やして毛球症を予防しましょう。

ブラッシングで愛猫との絆を深めよう

今回はブラッシングの効果と、そのメリットについて紹介しました。日々の愛猫とのコミュニケーションの一環として正しく実施してみてください。

Amazon | ファーミネーター パープル 小型猫 短毛種用 S サイズ | FURminator(ファーミネーター) | 抜け毛取り・クリーナー 通販
ファーミネーター パープル 小型猫 短毛種用 S サイズが抜け毛取り・クリーナーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

今回の記事の要点まとめ

■ブラッシングの効果■
▼毛並みの整理と毛球症に予防効果があります。
▼愛猫とのスキンシップとストレス解消になります。
▼愛猫の血行促進の効果がある。
■正しいブラッシングの方法と時期■
▼お掃除が簡単な場所で始めましょう。
▼優しく短い時間でブラッシングします。
▼猫の換毛期の3月と11月はブラッシングの回数を増やしましょう。

リラックスしている猫

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログへ
いつもありがとうございます。

コメント