猫の驚きの習慣と生態を紹介します!知って役立つ猫の知識!

緑目の猫猫の知識と研究

皆さんは猫の習慣や生態を調べた事はありますか?常に側に居る猫ちゃんですが、意外と知らない習慣や生態はあるんですよ。

今回は猫のあまり知られていない習慣や、生態を紹介したいと思います。猫と一緒に暮らして行く中で、少しでも皆様のお役に立てれば良いなと思い書いていきたいと思います。

驚くべき猫の生態と習慣

猫が真っすぐジッと見つめてくる

猫がまっすぐジッと飼い主を見つめてくる時があると思います。これは信頼関係を築いている証拠です。しかし、飼い主の方から猫の方をジッと見つめるのはやめてください。

猫の世界では、目を見つめ合うのは力関係を現す行動です。「挑戦的である」と猫に感じさせてしまいます。

猫は高い所が大好き

猫の世界では「高い所に居る方が強い」と認識されることが多とされています。また、外敵から身を守る事が出来る高所に居た方が安全だとも考えています。

狩りで獲物を探す際も高い所の方が見つけやすいので、猫にとってはメリットが沢山あるんです。

猫も人間と同じように爪を噛む

猫はよく毛づくろいをする時に爪を噛みます。猫の爪はいくつかの層で作られています。段々と外側の層から擦り減って角質化していきます。

猫はその角質化した層を取り除いているのです。そうする事で猫の爪は新しくなっていきます。

階段に居る小さな猫

猫の能力 サイ・トラベリング

数キロも離れた場所から「猫は飼い主さんの家に帰れる」という話を聞いたことはありませんか?猫は帰る道を見つけられるのです。

猫のこの才能は「サイ・トラベリング」と呼ばれています。猫の研究者達は、「コンパスのような機能を持った物が猫の脳の細胞にある」。

もしくは「太陽の角度を認識して、帰る道を見つけているのではないか」と推測しています。

猫の毛繕いの意味

猫の毛繕いは衛生管理だけではなく、暑さや寒さからも身を守る事ができるとされています。寒い季節は毛繕いをすることで毛の表面を滑らかにして効率的に寒さから身を守っています。

暑い季節は毛を舐める事で涼んでいます。そのために猫は、起きている間の半分の時間を毛繕いをしているといわれています。

猫は群れを作らない

犬と違い猫は1匹で生きていく動物なので、群れを作らないし服従したりはしません。だた、「面倒をみてくれる人」や「餌を与えてくれる人」に対しては「親である」と認識します。

そうなると猫は、特別に甘えてみたり信頼関係を作ろうと近寄ってきます。

猫の立ち直り反射

猫は「空中で体勢を立て直す」という能力を持っているので、高い所から落下しても綺麗に足から着地します。

猫は落下中に足が下になるように体を捻って、4つ足を広げた状態で着地します。この事を「立ち直り反射」といいます。

マンションで低い階から落下するより、高い階から落下した猫の方が体勢を立て直す時間が長いので、怪我をする確率が低いとされています。

まとめ

今回は私なりに猫の生態、習慣を少しだけ紹介させて頂きました。まだまだ他にも猫には沢山の生態や習慣がありますので、これからも勉強して皆様に紹介していきたいと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログへ
いつもありがとうございます。

コメント